日本の鉄道ビジネス その1

東京駅店 成瀬



我々のお店「ソラノイロNIPPON」は東京駅の地下にあり、
その「頭上」を日々何千と言う鉄道車両がたくさんの人を乗せて
早朝から深夜まで往来しております。
今回はそんな鉄道に関するお話をしてみたいと思います。

最初に断っておきますが、私は鉄ちゃんではありませんから…(笑)。

日本には鉄道車両を製造する「車両メーカー」、
そこにブレーキやドア、パンタグラフ等のシステムを納める「システムサプライヤー」、
そこに部品を納める「部品サプライヤー」などの車両に関わる会社の他、
線路や信号/制御システムを作る会社、
JRや東京メトロ、横浜市営地下鉄などの「鉄道事業者」などが多くの会社が存在し、
自動車産業と同様大変裾野の広い産業です。
多くの方々がこの産業に従事し、日々安心安全な運行を心掛けているおかげで、
我々は当たり前のように定時運行の恩恵を享受している訳です。

戦後、イギリスの技術を導入し早くから地下鉄や新幹線の整備が進んだ日本は
世界的に見ても鉄道先進国で、日本全国には鉄道網が張り巡らされています。
これ以上国内での大きなビジネスチャンスが見いだせない車両メーカーが取った戦略が、
今後大きな成長が見込まれる海外市場に打って出ることです。

少し前に新聞等でも大きく報道されてましたが、日立製作所さんがイギリスで大型プロジェクトを受注したり…



川崎重工業さんがニューヨークの地下鉄を落札したり…



それ以外の車両メーカーさんも海外に自社工場を建設したり、
日本で製造した車両を輸出をしたりして、海外の鉄道インフラ構築に一役かっております。
先日トランプ大統領と会談した安倍首相が、日本のリニア鉄道の技術をPRしたのは皆さんも記憶に新しいと思います。
まさに官民挙げて日本の鉄道を海外に売り込んでいる真っ最中なんです。
ちなみになんですが…「リニアモーターカー」は和製英語でして、
外国人には通じません。正しくは「Maglev(マグレヴ)」と言います。

では…決して安くはない日本の車両が、何故今世界中で引っ張りだこなのでしょうか?
そしてこの鉄道ビジネスとソラノイロのラーメンとの関係とは…!?

続きはまた来週水曜日をお楽しみに(^-^)!
◉メルマガ会員募集中!
soranoiro@star7.jp
空メールを送ってください
☆くじクーポン付メルマガが
届きます☆
本店ブログ
東京駅店ブログ
京橋店ブログ
店主ブログ

Japanese soup noodle
free style

〒102-0093
東京都千代田区平河町1-3-10
ブルービル本館1B
TEL 03-3263-5460

[ 営業時間 ]
月~金 11:00~22:00(L.O)
※22:15 クローズ
※祝日も営業します

[定休日]
土・日

※各日スープ・麺が切れ次第、
閉店させていただきます

ソラノイロNIPPON

〒100-0005
東京都千代田区丸の内1-9-1
東京駅一番街地下
ラーメンストリート
TEL 03-3211-7555

[ 営業時間 ]
10:30~23:00(LO22:30)

ソラノイロ~トンコツ&キノコ~

〒104-0031
東京都中央区京橋2-2-1 京橋エドグランB1F
TEL 03-6262-3545

[ 営業時間 ]
平日
11:00〜15:00(LO14:30)
18:00〜22:30(LO22:00)
コールドプレス8:00〜19:00

土日祝
11:00〜20:00(LO20:00)
コールドプレス10:00〜18:00
月に1度日曜夜定休(公式Twitterで告知します)

素良

〒102-0083
東京都千代田区麹町3-4-3
シエルブルー麹町101

[ 営業時間 ]
火~土 11:30~スープ切れ
(15:00~16:00頃)
月・日休み(不定休)