長尾中華そばで思うこと

長尾中華そばで思うこと

今週頭に小川町にオープンした長尾中華そば神田店。

先日の催事に続いてあっさりをいただいた。
麺はかん水を使わない優しい麺。
少しうどんのような雰囲気もあり、独特のもっちり感がすごく美味しかった。
スープは煮干しと昆布かな。
タレはおそらくですが煮汁ベース。油も一切なくすごくシンプルでスッキリ美味しい。

トッピングには、ももチャーシュー、メンマ、ネギ。無駄なものは一切ない。

これが津軽ラーメンなんだよね。
向こうのまんま。

ところが、
麺を固くしろといって固くないと文句言ったり、濃い方のスープが煮干し薄いとか、肉が固いとか文句をいう輩がいるらしい。。

なんで、まずはそのまま食べれないのか。

僕も創業当時、最初の来店のお客様に「麺固めで」と言われたら、
「うちで召し上がったことありますか?」と聞いて
なければ「うちの固さでまず食べてもらっていいですか?」と断って居ました。

ソラノイロの普通の固さと、
黒木さんのところの普通の固さと、
古川くんのお店の普通の固さは多分違うもんね。

番手も、厚みも、粉の種類も違うしね、
あなたの固めはどんな固さ?って感じ。

もちろん、何度も来ていただいて、うちの固さではない好みの食べ方があるなら、それはやりますよ。
でも、最初っからそれを言って、文句言うのは失礼だよね。
まずはその店のデフォルトを食べるのが一番!!
だって、僕たちは一番美味しいラーメンをお客様にお出ししてるのだから。

なんか、そんなことを思いました。